おしゃれな伊達メガネ

アクセサリーとして身につけるメガネ

メガネといえば、通常は視力矯正のために身につけるケースがほとんどですが、人によってはおしゃれの一環としてかける場合もあります。そういった目的で市販されているメガネとしては、目元を隠すためのサングラスが広く知られていますが、2000年代を境に、目元を隠さないタイプの伊達メガネというものも登場しました。サングラスが太陽の光等を遮断する目的で装着を行う点に対し、伊達メガネは、ファッションの一部として、見栄えを良くするために身につける点で、大きく異なります。

市販されている伊達メガネは、紫外線をカットするためのレンズが入っているものがほとんどです。サングラスとは違って透明性があるため、目元をはっきりと見せられる点が大きな特徴となります。ただ、一部に、あえてレンズが入っていない場合もあり、その場合でも伊達メガネと呼ばれます。

伊達メガネを使用する目的と選び方

視力矯正のレンズが入っていないという伊達メガネの性質上、視力の良い人が、花粉や紫外線対策を目的として、身につけるケースがほとんどです。また、第一印象を良くするために、真面目だと他の人に思わせる目的で、あえて伊達メガネを装着する場合もあります。通常、メガネ選びの重要な要素としては、フレームとレンズが該当しますが、伊達メガネの場合はレンズではなくフレームが重要視されます。丸顔や面長な顔といった、人の顔の形により適したフレームを選ぶ点は、通常のメガネ選びと同じです。

伊達メガネで重要視される点としては、フレームの色が該当しますが、モノトーンカラーに加えて、パステルカラー等、様々なバリエーションが存在します。この他、プリントによる色付け、ストーンメッキ加工等、身につける人に合った、多種多様な選択肢がある点も、伊達メガネならではです。